「ニスと防腐剤」


先日、ニス塗りをお手伝いをしてました。そこでよく聞かれる思い出したことがあったので皆様のご参考に。


昨年、外の小屋の戸が腐ってボロボロになったので、簡単でいいので新たに作って欲しいと依頼されて、ホームセンターからベニアや木材を買ってきてつくって仕上げに、防腐剤入りのしみ込むタイプの塗料を塗りました。


お客様から質問されたのが、ニスの方が表面に樹脂の被膜をつくるので、汚れシミがつきにくく傷もつきにくく、水もはじきよいのではと。


確かにニスの効果は最初は高いです。室内においてはそれがいいと思います。但し、外の小屋は水をはじくレベルでなく、水がどこからかしみ込む可能性があります。そうすると逆に乾くことができず内部での腐敗を促進させます。


これは雨漏り対策のためのコーキング作業にも言えるのですが、雨が入らないようにとむやみにコーキングをすると、小さな雨がどこかしらから入ってきたものを、上手に抜けさせたり、乾かしたりする、排出口をふさぐことになることがよくあります。


そうすると雨漏りは一時的に解決するのですが、内部の木材が腐り始め、結局は大幅な取り替え工事になることもあります。



人生も手に入れること、手放さないことに固執していても幸せは訪れません。


逆に亡くなったとき、遺族はその後片付けで大変苦労されたり、財産争いも残念ながらたまにみかけます。



同時に受けたら返すこと。与えることも考える。同じ人でなくても。


例えば、自分でできるかも知れなくても、何かピンときたら、多少駄賃やお金がかかっても人に頼んで「ありがとう」を与え、与えらる機会をつくってみる。


そんなことを可能な限り意識して続けていると、結果的に自分では気づかなかったことをその相手から受けることも沢山起ってくる。心から感謝をされると人は何かを返したい、役にたてることを探すもの。


そして更に「ありがとう」と言いあえる。



「ありがとう」をいうことからはじめて、「ありがとう」をといってもらえる毎日を意識して増やしていきたいものです。(^^♪