遠方までの引越相談

引っ越しのための荷造りをしていたら、いつの間にか夕方まで迷ってほとんど何も進んでいなかった・・


特に今回は遠方まで引越先で、引越先の間取りも決まっていなく、ただ様々な事情が複雑にからんでいて、来月早々に出たいという予測しづらい荷物の詰込みでした。


そこで私が行ったことは、まずそのお客様のお話を聴くことでした。実際3時間以上聴きました。そして作業したのは実質1-2時間でもお客様が何日もかけて箱詰めした数と同等の数の段ボールの山が出来ました。


コツは今回は下記の三つかなぁと思ったのでシェア。


1,理解(すること)

2,信頼(されること)

3,背中を後押し(決断お手伝い)


そうしてリズムよくお話しながらテキパキ箱詰めを代行していけば、お客様としては少し判断するだけで形として荷物が減り、段ボールがどんどん増えていくことに喜びを感じてくれました。


最後はウーバーイーツでご馳走になりました。


ありがとうございました。(@^^)/~~~