蜂蜜の結晶化とエアコン撤去作業

健康オタクの私は蜂蜜が大好き。(^^♪ 買う時はたいてい1Kgの大きなものを買って小さな容器に移して使ってます。しかし最後の方になると結晶化して固まることが多く、湯せんをしなければならず困ってました。(>_<)


そんなときは便利屋に訊けばよいと、白いジャンパーを着て解決モードに入り自問自答するお馬鹿さん。 今日はまずその解決法をシェアします。(^^♪


ブドウ糖の少ない果糖中心の高級もの。純粋100%より加工したもの。などなど色々買う蜂蜜自体を買えると対策はありますが、私大生と高校生を抱える我が家には、そんな選択をする(金銭的)余裕はありません。(^^;) また健康オタクの私に純粋は必須条件。(^^♪


それをすべて満たす裏技を実験して見つけました。結晶化はたいてい15度以下になると進みやすいのですが、実は5度以下になると止まることが分かりました。これを応用して私は冷蔵庫の(ー2℃くらいの)バーシャルというところに入れました。冷凍庫でもよいとは思います。要は多少の扉の開け閉めで温度が変化しても5度以下になるようにしたのです。!(^^)!


そうするとどうでしょう。写真のように結晶化すすんで湯せんして溶かした一番糖度が高い固まりやすいものでも、湯せんで溶けた状態ですぐにバーシャルの中に置くと一切固まりませんでした。ヽ(^o^)丿 出す時は少し硬い感じですが、例えるなら今まではマーガリンのような柔らかさが、バターのようなレベルになったくらいで、優雅に出てくる感じぜんぜん大丈夫です。


これを使う時は、私もちょっと優雅に時を楽しむようにして、ちょっと心の余裕がひろがったような自分が見れて嬉しいです。(^^♪



次にエアコンの撤去のお話です。ポンプダウンというガス回収をする作業はネットでみると簡単のようでコツが要ります。私も何度も失敗しました。成功したつもりでも、ガスが噴き出したり、後で再利用しようとしたら、数日後にガスがなくなっていたり。エライ大変な目になってお陰さまで色々蜂蜜のように構造を勉強しました。((+_+))


でも最近もっと苦労するのが、架台についた室外機。固定してあるビスが錆て取れないことが多い。(>_<) 手前の方に付いているものは最悪ディスクグラインダーなどで切断してもいいですが、壁側の裏にあるところには配管カバーなどもあると最悪。とっても狭くなるときも多く、グラインダーも使えないときも多くあります。


最後は様々な工具がありますので、どうにかしますが、この作業にかける時間が結構かかり、とくに電源が使えない無人の家の屋根の上で4つとも手作業で格闘するのでちょっと料金をあげないとあいませ~ん。(;^ω^)


でも何でも解決の道を導く便利屋なので、最後はどうにかすることが今までできてきました。本当に困ったときは、閃きや他人の何気ない会話のヒントでコナンのように導かれてます。(^^♪


天地に感謝を捧げながら、まだ使命があって生かされていることを肝に銘じ、頭を垂れてこれからも皆様の笑顔のために頑張ります。m(_ _)m