置かれた場所で咲きなさい


私の尊敬している故渡辺和子さんから聞いた言葉です。写真は近所の堤防のコンクリートの間から顔を出してくれた花です。


人生いろいろあります。泣いても笑っても帰ることが出来るのは今の美しさ。


この花も野原で咲いていたらけっして私に出会わなかったでしょう。


偶然はない。あるのは必然だけ。


ありがとう。ありがとう。


生まれてきてくれてありがとう。


人にだけでなく、出会う万物すべてに、そしてこのような爆弾も降ってこない国をつくってくださった先祖の方々に感謝です。


一昨日も数年ぶりにお電話いただいたお客様がおりました。自分の用は暖かくなった春咲きでよくその予約でしたが、お客様を紹介したいと。そしてそのご紹介いただいたお客様に昨日訪問しましたら、何と更に数年前に一度だけお仕事をさせていただいたお客様との再会でした。


実は先月も同様なことが起こりました。役所からご紹介いただいたお客様と仲良くなり、嬉しくなって仲の良い叔母さんに電話したらしいんです。その叔母さん曰く、自分も10年以上前に一度お世話になった便利屋さんの笑顔を忘れられず、ずっと探していたんだよといって盛り上がって、名前を聞いてびっくり!!


毎月毎月起こると奇跡というより、天の導きを感じます。


だから私は自分の力で生きているのではないとしか思えません。


置かれた場所で咲き、奇跡がおこるたびに奇跡で終わらせず、感謝を行動にと、天に感謝の祈りを捧げ、更にお墓にいって手を合わせることなど具体的に天しか覚えていない行動をしていると、奇跡が偶然に、偶然が必然になってきてます。


ありがとうございます。 ありがとうございます! ありがとうございます!!