top of page

給湯器の賢い扱い方


この冬に給湯器が凍結して破裂するお話をよく聞きました。実際見てみると外で水があふてている状況で、室内にいては気づくのがとても遅くなるようです。それで被害は甚大になるのだなぁと思っていました。


そこで凍結関係で呼ばれると必ずいいますことをここでもシェアします。


まずはそとの気温が零下になるときは湯船にお湯(水でもよい)は必ず追い炊きの栓より10㎝くらい上まで張っておくこと。そして給湯器の電源は消さないこと。これだけで基本的に給湯器内で凍結破裂が起こることはほぼありません。


次に外の水道類の表面に出ている蛇口やハンドルなどにプチプチでもタオルでもいいので多めに巻き付けておくこと。給湯器は大丈夫でも他の水道が凍って水が出ないこともありました。


その他は、一般的に言われる水を少しずつ出しておくことなどですが、最後に一つだけ給湯に関する豆知識を。


冬は張ってある水が冷たいときは追い炊きは避けましょう。ガス代がかなり高くなります。水代はかかりますが、新しいお湯張りにする方が時間もガス代も節約になります。


給湯器の仕組みがわかっていないとなかなか理解しにくいものですが、水代よりもガス代の方が最近はとても高くなってきましたから、きっとお役にたつ情報だと思います。(^^♪

Comentarios


bottom of page