top of page

玄関格子戸の塗り替え


昨日は阿賀野市に行ってきました。とても上品な方のお宅で、玄関の格子戸の塗装(正確にはシール)が剥げてました。みっともないということで塗りなおしをしてきました。


アルミ戸は塗装がそのままでは出来ないのでシールで木目調になっているものが多いです。それをまた上から貼るという手もなくもないですが、雨風にあたる環境で後からはがれないように貼ることは結構大変です。特に格子戸に関しては格子をバラす必要も出てくるため費用もかなりかかります。


そこでお客様の要望をお訊きしました。塗装はできないものかとおっしゃいましたので、どの道、困難な道。希望に沿うように技術を駆使してするようにしました。


ご子息も近くに家を建てて、戻ることはないということでした。ですから、あえてそんなに費用もかけてまで立派なものにしなくてもよいといわれました。便利屋レベルの技術でよいという寛大なお方なら、私も精一杯頑張ろうとやる気になりました。


4枚戸でしたので、朝から夕方遅くまでかかりましたがどうにか終えました。


お陰様で様々な新しい技術を業者仲間から教え、助けてもらいました。現場での作業でも新しいアイデアがどんどん閃き、繰り返し困難な個所を乗り越えることができました。


信じて、このようなチャンスを与えてくださるお客様には本当に感謝です。


ありがとうございました。(^^♪

Comentários


bottom of page