断熱節電寒さ対策で内窓を


いろいろな光熱費の節約、冷暖房費の軽減のために施工してきましたが、結論からいいますと、やはり窓がキーポイントだと思ってます。


特に新潟の場合は内窓を設けることが、大きな効果をもたらすと感じてます。


簡単なものは、プチプチと言われるエアーキャップ貼り、紫外線カットやスモークフィルム貼り、プラベニ貼り、板張り、段ボール貼りなど、手軽にコストパフォーマンス高く施工してきました。


本格的にはプラベニ、ポリカーボネート、アクリル、ガラスのレール付き二重窓窓まで、少し高額にはなりますが見た目やメンテナンスは圧倒的によいです。


そして最近では、ジェルテープの普及にともない、作業費(材料費や出張費は別)が3000円~で、手軽にお試しできる手法もマスターしてきました。


内装ですので、普段目にする場所です。こだわっても私としてはいい分野だと思います。ただお財布と相談で切りがない分野であることも確かです。


だからこそ、様々な最新材料や工具などの性能を、節約光熱費くらいでお試しできる時代になったのなら、試さない手はないと思います。


そして気に入ったのなら、その節約費用を貯めて、本格的なインテリアに加工してみたらと思うのです。(^^♪


人生を一番長く過ごす空間を、あまり光熱費を気にして動かない生活は、そろそろ卒業ですよ~(^^)/~~~