屋根、パラペット補修

パラペットは外壁と屋根の境界にある「立ち上がり部分」のことをさします。


ここは通常見えないので、メンテナンスが雨漏りが起こった後になることがあるので要注意です。


特に見えないからと、窯業サイディングなどにしていると劣化が激しく、今回も崩れ落ちてきていて、比較的長期にメンテナンスが少なくてすむ金属サイディングに交換工事をしました。

この工事にあたり、騒音を気にされるお客様でしたので、施工方法を色々考えてみました。


もし発見がはやければ下地の胴縁と呼ばれる木材がそのまま活かせて、全面貼替よりも安価で施工する方法もあったので、最初の提案の提出見積の半額程度で最終的にはお客様に提供できました。


どんな施工でも長所だけなんてありえず、短所もあります。こだわらずにゼロベース思考でお客様の思いを最優先に精一杯考えることをこれからもしたいと思いました。(^^♪