外れた雨樋の取付加工


写真は窓からスマホで撮った夜(夕方?)の風景。川の向こう側に空港が見えます。手前は港で小さな灯台がいくつかあり、流域1㎞くらいあります。川の向こうの光もこんだけ届くんだなぁと感心してました。

さてさて。本日は雨どいのお話。垂直にたっている竪樋(たてどい)と呼ばれる場所が外れたことに対する対応、補修に行ってきました。二階の屋根の集水器から大風で外れて、水が二階から垂れている状況でした。

自宅で経験しましたが、放っておくと風で竪樋本体も家屋外壁の留め金が外れ、ブラブラ状態になり、とっても危険です。

今回のお客様は玄関の近くでしたのですぐに気づかれてよかったです。うちはまったく裏でしたので、大風、大雨の中、必死に作業しました。死ぬかと思いました。(>_<)

どこに頼むか迷ったらご相談ください。電話口でおおよその価格を申し上げれますから安心です。(^^♪